読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱっつん女子の短い1日。

日記?雑記?備忘録。< 気持ちのゴミ箱。

あの人はやめとけって話

恋愛

 

拝啓 未来の自分へ

こんにちは!栗もなかです( ^ω^)

本日は合説に参加するために早起きです。

毎朝苦痛を伴わないでこの時間に起きれたらなんと幸せなことか…。

 

さて、外を歩くと様々なカップルを見ます。

はい。正直羨ましいです(笑)

未来の自分に尋ねたい。

未来の私よ、あの人との縁は切れましたか?

過去の自分に謝りたい。

縁切るとか何度も言っといて、未だに縁がきれないでいます。ごめんなさい。

 

未来の自分へ

1月に縁を切ったあの人は現在私の事を本気で好きだと言って会いたがっています。

すみません、会いました( ˙-˙ )

そうですねー…結局私はあの人の事が好きみたいです。

 

ならば両想いではないか!なんと喜ばしいことか!!!

と、単純バカで純粋だった私は浮かれていたでしょうが、残念ながらそういった感情は芽生えませんでした。

 

未来の私へ

あの人は自分勝手な人なのです。

自分さえ良ければ私が傷ついてもいいそうです。

何よりいろんな人と遊びたいそうです。

元カレに浮気されて傷ついた事を思い出してください。

もぅ裏切られるのはごめんだし、傷付くのもしんどいのです。

臆病な私は現実から逃げて、あの人には付き合う気はないから諦めてくれと説得しています。

好きだけど、付き合いたいとは不思議なことに思えないのです。

これは本当です。本心です。

というよりも、私とあの人が付き合っている図が想像できないのです。

それに私はいずれ引っ越し、あの人とはなかなか会えなくなるでしょう。

 

グダグダ言いましたが、この先あの人との幸せな未来が想像できない以上、私はあの人と前に進めないのです。

 

でも最近思います。

あの人と付き合ったらどんな風になるのだろうか?

もしかしたら辛いことよりも楽しいことが増えるのでは?

いやいや、あの人もいずれは私を裏切る。

手に入らないものほど欲しくなるというし、今は私が首を縦にふらないから追ってくるが、もし首を縦にふったらその後はポイされるかもしれない。

こんな面倒くさい葛藤が面倒くさがり屋の私の中で起きています。

 

未来の私よ、分からなくなったら読み返してほしい。

できたらあの人ではないどこかの誰かに恋をしていてほしい。

 

そして男を見る目を養い、自惚れないで自分磨きをしてほしい。

 今はそう思う。